トップページ > 著名人コラム: お笑いタレント 北野誠さん

著名人コラム: お笑いタレント 北野誠さん
演歌にも通じる、島耕作の真っ直ぐな生き方が日本人の心に響くねぇ。「こんなこともあったなぁ」と思い出しながら、検定を受けたいよ。 北野誠さん画像

大町久美子、アイリーン……いつも口説かずに島耕作がモテるのがムカつくそうです(笑)

北野誠(きたの まこと) 1959年1月25日生まれ。怪談、FX、映画などに造詣が深く、多方面で活躍。『激論!コロシアム〜〜これでいいのか?ニッポン』(テレビ愛知/毎週土曜19時30分〜20時54分)、『北野誠のズバリ』(CBSラジオ/毎週月曜〜金曜、13時〜16時)などに出演中。【公式twitter】http://twitter.com/makoto_kitano
――北野さんは連載開始当初からのファンと伺いました。これから挑戦していただく『課長 島耕作 模擬検定』、余裕じゃないですか?
「島耕作シリーズはもはや大河ドラマでしょう。ヤングから会長まで全体の流れは捉えているけれど細部まで覚えていないかもしれないですよ……。」

しかし問題を見るなり、北野さんはスラスラ説いていきます。途中で登場人物の名前を思い出せない場面はあったものの、なんと10問中8問正解!

北野さんの心に響いたこの問題!
(下の解説は読まずにチャレンジしてみて!)

問題画像

正解

北野誠さん画像

「浮気相手に最適と言ったのは覚えているけど、さすがに名前は覚えていなかったなぁ」

――始める前はいらぬ心配をしていましたね。問題、簡単すぎたんじゃないですか?
「課長、部長あたりはいけそうですね。これが専務くらいになってくると登場人物が多すぎてわからなくなるんだろうな。ただ問題はかなり細部をつついてきますね。おそらく描いた先生自身も忘れているんではないでしょうか(笑)。『課長 島耕作』は2週に一度行く理髪店に置いてあるのでよく読み返すんですよ。ほかにも中華料理店など男が行く場所にはたいてい置いてあるから。」
――問題を解きながら、あのシーンは良かったという話しもされていましたね。北野さんが一番好きなストーリーは?
「課長シリーズの後半で、コスモス映画を買収するために中沢部長と島耕作がLAに行きますね。あの話はいい。僕は中沢さんが好きでね。中沢さんのネクタイを今野に切られる話、社長就任でボクサーの息子と再会するのもいいが、コスモス映画買収のストーリーには中沢イズムがふんだんに盛り込まれているでしょう。そこに共感していく島耕作の姿もいいよね。」
――ストーリーの中にはたくさんの女性も登場します。お気に入りの女性はいますか?
「僕は大町久美子が好きですね。島耕作が彼女と結ばれたのはよかった。鈴鴨かつ子さんとの話、あれはあかん。京都の祇園といったら僕らみたいな人間にとっても敷居が高い場所ですよ。なのに島耕作はさらっと入り込んでモテてしまうのだから。読んでいてかなりムカつきました(笑)。」
――苦労せずともモテる。男としてはうらやましい限りですよね……。
「もうね、完全に演歌の世界ですよ。女性の方から来て女性から去ってゆく。仕事振りも含め、島耕作は本当に出世するタイプですよ。『人間、3人いれば派閥ができる』と言うけれど、彼は派閥に属さず信念を貫きながら進み、結果的にうまくいく。彼のまっすぐさに多くの人が共感するのでしょうね。」
――最後に12月の検定を受ける人にメッセージをお願いします。
「初登場では係長だった島耕作が30年経って会長に。それだけの時間が経ったのだから読んでいる人も立場が変わっている。出世した人もいればそうじゃない人もいるはずです。僕くらいの年齢になると島耕作にリアリティを感じると思います。問題を解きながら「こんなこともあったなぁ」と思い出していくと面白いと思いますよ。」
北野誠さん画像

検定までに一コマずつ読み返して問題集もやって“トップ”を目指すと宣言!

あなたにとっての島耕作とは?
私にとって島耕作とは生き方の手本である。
自分に嘘をつかず、自分の信じたやり方でまっすぐのぼりつめていく。これこそが島耕作の特徴でしょう。スケベな欲望もありつつ、優しさを忘れずに企業人として成長していく姿は男として理想的。ただ「普通はこんなうまくはいかないやろう」と思うこともありますが(笑)。
得点
10問中8問正解
読者歴
30年
きっかけ
ずっとモーニングを読んでいるので始まった時から見ています。もちろん単行本でも読んでいますよ。これまで、何度も読み返していますね。

ページトップアイコンページの先頭へ