トップページ > 著名人コラム: プロビリヤードプレイヤー 江辺香織さん

著名人コラム: プロビリヤードプレイヤー 江辺香織さん
サラリーマンの駆け引きは、ビリヤードにも応用できる!?作品のエンターテイメント性が高いから、検定も最高に楽しい! 江辺香織さん画像

島耕作の緻密で冷静な振る舞いはビリヤードにも参考になるそう。

江辺香織(えべ かおり) 1984年、大阪生まれ。日本プロポケットビリヤード連盟所属。2007年1月にプロテスト合格。最年少の女子プロとなる。2013年7月現在、全日本ランキング9位。またエンターテインメント性の高いイベントを自ら企画・運営したり、店舗プロデュースも行っている。【公式HP】 http://www.ebekaori.com/
――いよいよ『課長 島耕作 模擬検定』スタートです。今の意気込みを!
「合格したいです! 合格ラインは6割ですか? じゃあ今日は6問正解を目標にしないとダメですね。頑張ります。」

謙虚なコメントとともに始まった模擬検定ですが、前半はほとんど“早押しクイズ”状態。問題を読んでいる途中に即答していく江辺さんの勢いにこちらがタジタジになるほど。結果は……なんとパーフェクト!!

江辺香織さん画像

ニューヨークへ離婚届を持っていったシーンは印象に残っていたので即答!

江辺さんの心に響いたこの問題!
(下の解説は読まずにチャレンジしてみて!)

問題画像

正解

――まさかの全問正解とは……。江辺さん、検定前はかなり謙遜していましたね。
「意外と頭に残っているものですね。やっぱり問題に出すくらいだからストーリーの中でも印象的な箇所が多かったのかもしれないです。途中、分からない問題もいくつかあったんですよ。そんなときは島耕作さんになりきって『彼ならどう行動するか』を考えてみたんです。島さんの気持ちを想像したことなんてなかったから、すごく面白かったです。」
――島耕作は男性で、しかも団塊世代。それでも気持ちはわかっちゃうものですか?
「そこが不思議なんです。年齢や性別はもちろんビリヤードの世界とサラリーマンは全然違うから、普通ならギャップが大きすぎて感情移入できないはずじゃないですか。なのに『すごくわかる』って思うことが多いんですよね。ビジネスシーンはもちろん、女性との出会いのシーンにも共感します。島さんが京都で鈴鴨かつ子と出会ったときも、恋に落ちると直感しました。」
――ビリヤードは対戦相手とのメンタル勝負という側面も大きいですよね。出世するための駆け引きなどは試合の参考になったんじゃないですか(笑)
「島さんが解雇を逃れるために、苫米地社長サイドの持ち株数が書かれたメモを典子ママを通じて大泉副社長に渡した話を読んだときは『勝つためにはここまでやらないといけないの!?』って思いましたね。とても勉強になりました(笑)。幸いビリヤードの世界には派閥などはないので、私はそこまでしなくて大丈夫です。」
――江辺さんは素直な雰囲気だから駆け引きをしてもすぐに見破られちゃうかも(笑)。最後に12月の検定を受ける人にメッセージをお願いします。
「模擬検定をやってみて感じたのは『作品のエンターテインメント性が高いから楽しみながらできる』ことです。たぶん検定の中で一番楽しめるものじゃないかと思います。『課長 島耕作 検定問題集』を解いてみて間違えた問題があったらその話を読み直す。これでより作品の理解が深まるはずですよ。」
江辺香織さん画像

まさかの全問正解!江辺さんが描いた島耕作も驚いています(笑)

あなたにとっての島耕作とは?
私にとって島耕作とは理想の上司である。仕事に対しても自分に対しても正直でいざというときに頼りになる。私は会社員ではありませんが、きっと理想の上司ってこういう人なんだろうなと考えながら読んでいます。理想の男性になってしまうと困ることがたくさんありそうですけれどね(笑)
得点
10問中10問正解
読者歴
6か月
きっかけ
昔からたまに目を通してはいましたが、STEP1から読んだことがなかったんです。思い切って最初から読もうと思ったのが半年前でした。
私に言わせて!
仕事ができる人って十中八九モテるんですよね。島耕作さんもすごく魅力的な男性だと思います。
ただ……結婚相手としては、大変そうだから遠慮しとこうかな(笑)

ページトップアイコンページの先頭へ